創造教育開発オフィス

高等教育機関としての大学のあり方を深く追求し、大学が本当に必要なの?社会に大学があることの意味は何?という厳しい声に真剣に答え、「より意識的に」大学のあり方を追求します。

重要な点は「より意識的に」ということ

創造教育開発オフィスの活動は大きく二つに分かれています。
ひとつは(共通教育を含む)工学教育カリキュラムの開発や生涯教育、公開講座あるいはe-Education
推進等の企画立案を行う「工学教育創造部門」です。
もうひとつはFDの推進を中心とする「教育機能開発部門」です。
このように二つに分かれてはいますが、いずれの部門もその目的は高等教育機関としての大学のあり方を深く追求することにあります。
そのあり方が、ひとつは「地域社会の中の大学」という視点に立って追求するという立場であるのに対し、もうひとつは大学それ自身の「教育の質の向上」を目指すという立場です。

名古屋工業大学は, これまでも,こうした取組に積極的に取り組んできました。しかし,このオフィスの設置を契機に,それをより意識的に推進して行きたいということです。重要な点は,「より意識的に」ということです。正直言いまして,本学に限らず大学はあまりに無自覚に存在してきたように思われます。
無自覚であるということは,自己に対し無批判ということです。 それは時には独善性に繋がるおそれさえあります。 ところが,最近,そうした大学の無自覚的なあり方に対し,社会の中から厳しい声が起こり始めました。大学が本当に必要なの?社会の中に大学があることの意味は何?という問いかけです。 こうした厳しい声に大学は真剣に答えなければなりません。
そのためには「より意識的に」大学のあり方を追求する必要があります。

創造教育開発オフィスは,そうした追求の先頭に立つことで,こうした問いかけに真剣に答えたいと考えております。