キャリアサポートオフィス

キャリアサポートオフィスはこれまで各学科任せで
あった就職指導を含めたキャリア形成支援を全学体制で組み立てるところです。各学科就職担当教員との連絡会議を通して、名工大としての就職・採用情報の収集と、その共有化をすすめ、学生課(就職・キャリア支援担当)との連携を深めて、本学学生諸君のために恊働していきます。

活動報告

平成23年度 活動報告

1.キャリア形成関係
〔キャリア形成ガイダンス〕
4/27(第1回)「本学の就職・キャリア形成事業の取り組み~ジェネラルインターンシップを中心とした就職・キャリア形成事業に関する説明~」287名 講師:キャリアサポートオフィス長 山下啓司、菅田芳恵氏(前名古屋工業大学インターンシップコーディネーター) 5/11(第2回)「今やるべきことから考える~自分史作りとグループワークを通して、キャリアパスについて考えてみよう」132名 講師:就職相談員 井戸智子 5/18(第3回)「将来の自分のとらえ方~キャリアデザインと職業について~」167名 講師:就職相談員 井戸智子 〔インターンシップガイダンス〕 7/6(第1回事前研修会)「本学独自のインターンシップ制度~ジェネラルインターンシップの説明と心構え~」113名 講師:菅田芳恵氏(前名古屋工業大学インターンシップコーディネーター) 7/13(第2回事前研修会)「インターンシップでのマナー」120名 講師:菅田芳恵氏(前名古屋工業大学インターンシップコーディネーター) 10/26(第1回事後研修会)「インターンシップ経験の活用方法」167名 講師:菅田芳恵氏(前名古屋工業大学インターンシップコーディネーター) 12/21(第2回事後研修会)「インターンシップ報告会」(9名の学生からの報告と、受入企業等からのコメント)参加学生49名、参加企業5社 講師:菅田芳恵氏(前名古屋工業大学インターンシップコーディネーター) 〔ジェネラルインターンシップ〕 賛同企業数:104社 参加希望学生数:141名 派遣先企業数:84社 参加決定学生数:110名 〔合同企業研究事業〕 11/30・12/1「企業研究セミナー」参加学生:2,232名 参加企業:368社

2.就職活動支援関係
〔就職ガイダンス〕 10/5(第1回)「就職活動の開始を前に」779名 講師:就職相談員 井戸智子 10/12(第2回)「公務員の仕事とは①」延べ662名 講師:各機関(人事院中部事務局・防衛省自衛隊・経済産業省中部経済産業局・厚生労働省愛知労働局・国立大学法人・特許庁・名古屋市〔以上説明順〕) 10/19(第3回)「企業が求める人材とは」544名 講師:日立造船㈱ 澤田 賢司氏・豊田通商㈱ 浅野 幹夫氏(本学OB 名古屋工業会)


盛況な就職ガイダンス会場

11/2(第4回)「公務員の仕事とは②」延べ238名 講師:各機関(警視庁・中部管区警察局・春日井市・小牧市・愛知県・豊田市・豊橋市〔以上説明順〕) 11/14,15(第5回)「エントリーシート対策①-基礎編-」295名 講師:就職相談員 井戸智子 11/30(第6回)「業界研究・企業研究・職種研究とは-企業研究セミナー直前対策-」 588名 講師:㈱マイナビ 望月 一志氏(マイナビ編集長) 12/7(第7回)「進路の迷いと多様なキャリア」 177名 講師:入倉 則夫氏・山中 清氏(本学OB 名古屋工業会) 1/11(第8回)「エントリーシート対策②-実践編-」265名 講師:就職相談員 井戸智子 1/18(第9回)「面接対策1/2〔ノウハウ〕-基本的知識と重要なポイント-」350名 講師:相田一成氏(㈱リクルート) 1/25(第10回)「電気工業会」約70名 講師:一般社団法人日本電機工業会 秋田理事 2/1(第11回)「面接対策2/2〔模擬面談〕-グループ面接実践編-」123名(内,面談体験者30名)面接担当者:(㈱リクルート所属のキャリアカウンセラー4名) 〔就職情報ミニ講座〕(予約制) 11/7,10,11「語彙・読解力検定フィールドテスト189名 11/21,22,24,25「エントリーシート対策」206名 講師:就職相談員 井戸智子 12/5,6「マナー講習」約380名 講師:就職相談員 井戸智子 12/5,6,8,9「企業研究セミナー対策」21名 講師:学生生活チーム職員 伊井 卓生 12/8,9「企業研究セミナー対策 相談会」25名 2/29,3/2「面接練習会」実施予定 200名参加予定 3/14-30「模擬面接」実施予定380名参加予定

3.就職・キャリア形成に関する印刷物
10月「平成22年度卒業・修了者進路状況調査」(3,000冊)を発行。学部一部3年、二部4年、大学院博士前期課程1年、後期課程2年の自宅へ送付。11月「企業研究セミナー2011参加企業データ集」(3,000冊)を発行。12月「平成23年度インターンシップ報告書」(1,100冊)を発行。

平成23年度のまとめ
本年度は、昨年度に引き続き、キャリア形成関係、就職活動支援関係のふたつの大きな流れにおいて、現代GPの補助事業期間が終了し、財政支援が得られない中、自己努力により当該事業の継続及びさらなる発展に繋げられたことは、大きな成果であるといえる。特にキャリア形成では従前より行われている企業研究セミナーを軸としつつ、卒業者という優れた資源を有効活用した学生への啓き教育や、3年次対象に開講している「キャリアデザイン科目」を通じて、工学系学生に特化したキャリアプランの形成や就業力の育成をさらに目指していく。ジェネラルインターンシップでは多くの企業の賛同を得て、今後は正課教育化も視野に入れ、さらなる参加企業数及び参加学生の拡大を目指すところである。就職支援においても、就職相談体制の充実や、求人情報システムのさらなる構築を図っていき、キャリアサポートオフィス、学生生活チーム就職情報室及び就職担当教員の連携強化により、全学的なキャリアサポート体制に向け、さらなる発展を目指していく。