キャリアサポートオフィス

キャリアサポートオフィスはこれまで各学科任せで
あった就職指導を含めたキャリア形成支援を全学体制で組み立てるところです。各学科就職担当教員との連絡会議を通して、名工大としての就職・採用情報の収集と、その共有化をすすめ、学生課(就職・キャリア支援担当)との連携を深めて、本学学生諸君のために恊働していきます。

活動報告

平成21年度 活動報告

キャリア形成の為の仕掛けとしては、各種セミナーを開催し、さらに今年度76社もの企業からの賛同を得て、特に企業で活躍している本学卒業・修了者から後輩たちへのメッセージを収録した「名古屋工業大学VOICE 企業・業界別本学出身者の声」を発刊した。併せて83社もの企業からの賛同を得て、促し教育としてのジェネラルインターンシップ制度を立ち上げ、141名の学生が応募し、専属のインターンシップコーディネーターによる調整が必要となった。時間や希望職種など、マッチングの結果、99名の学生が72社の企業へ2週間から1か月のインターンシップへ参加した。本年度の試みを聞いて、本学枠を確保していただける企業が増えており、次年度はもっと多くの学生にインターンシップの機会を提供できるものと考えられる。また例年好評の企業研究セミナーでは、経済不況の中、本年度は過去最高の309社におよぶ優良企業の参加を得て、2日間で2,240名にも及ぶ本学学生が企業研究を行った。さらに就職活動支援としては、就職ガイダンスを折々の時期に合わせて開催し、特に本学卒業・修了者による体験談をテーマとしたものをはじめ、何度も会場が一杯になるほど盛況な回が多数あり好評を得た。大学会館の就職情報室では、本学専属の就職相談員により毎日就職相談に応じられる体制を整え、学外のキャリアカウンセラー等による相談も一定期間中実施している。就職相談員を講師とした就職情報ミニ講座も開催した。各学科・専攻の就職担当教員との連携も密に行い、就職担当教員連絡会議を開催し、種々情報交換を行っている。本学宛ての自由応募に関する求人情報を集約し、学生ポータルサイト上で公開するシステムを立ち上げ、多様化している学生諸君のニーズ、およびグローバル化している企業の求人情報に対応する為の仕掛けを作り、本年度はさらなる構築を図った。以下、キャリア形成及び就職活動支援関係で実施した行事等の詳細を記す。

1.キャリア形成関係
〔キャリアサポートオフィス説明会〕 4/15・16「ジェネラルインターンシップを中心としたキャリア形成支援取り組み説明」405名 講師:キャリアサポートオフィス長 山下啓司、インターンシップコーディネーター 菅田芳恵 〔キャリア形成入門セミナー〕 5/13(第1回)「名工大生のためのキャリアデザインの勧め」83名 講師:キャリアサポートオフィス長 山下啓司、学生相談員 早川由美 6/10(第2回)「名工大生のためのキャリアパスの構築」50名 講師:キャリアサポートオフィス長 山下啓司、就職相談員 井戸智子 〔キャリア形成発展セミナー〕 5/20(第1回)「君のキャリアパスを考えてみよう~自分史作りとグループワークを通して、将来のあなたを覗いてみませんか?~」159名 講師:就職相談員 井戸智子 6/3(第2回)「自分について考えよう~心理テストとグループワークを通して、今のあなたを考えてみませんか?~」73名 講師:学生相談員 早川由美 〔インターンシップ研修会〕 6/17(第1回事前研修)「ジェネラルインターンシップの説明と心構え」103名 講師:インターンシップコーディネーター 菅田芳恵 6/24(第2回事前研修)「インターンシップでの身だしなみ」108名 講師:富田麻美氏、上野恭子氏(あいち専門家グループ有限責任事業組合) 7/1(第3回事前研修)「社会人として必要なマナー」101名 講師:インターンシップコーディネーター 菅田芳恵 10/14(第1回事後研修)「実習体験の活用方法など」52名 講師:インターンシップコーディネーター 菅田芳恵 12/22(第2回事後報告)「参加者からの報告など」(7名の学生からの報告と、受入企業等からのコメント)参加学生64名、参加企業16社 〔ジェネラルインターンシップ〕 賛同企業数:83社 参加希望学生数:141名 派遣先企業数:72社 参加決定学生数:99名 〔合同企業研究事業〕 12/15・16「企業研究セミナー」 参加学生:2,240名 参加企業:309社

2.就職活動支援関係
〔就職ガイダンス〕 10/7(第1回)「就職活動の開始を前に」 660名 講師:柳井章氏、小林紀子氏(㈱毎日コミュニケーションズ) 10/21(第2回)「社会人としてのマナーやモラルとは」 419名 講師:永江靜加氏(㈱インターナショナルエアアカデミー)  10/28(第3回)「企業トップの成功体験に学ぶ-学生時代から現在に至るまで・社会が求める人材-」 337名 講師:水口博氏(㈱森精機製作所)、加藤薫氏(㈱NTTドコモ) 11/4・11(第4回)「卒業・修了者によるパネルディスカッション及び企業別説明」 838名 参加企業11社(「名古屋工業大学VOICE 企業・業界別本学出身者の声」掲載企業)


盛況な上記ガイダンス会場

11/18(第5回)「公務員の仕事とは」110名 講師:各機関(人事院中部事務局・経済産業省中部経済産業局・名古屋市・厚生労働省愛知労働局・警視庁・防衛省自衛隊・豊橋市・豊田市・愛知県・国立大学法人〔以上説明順〕)採用・人事担当者 12/2(第6回)「職業適性とは -職業レディネス・テスト-」100名限定 講師:就職相談員 井戸智子 12/9(第7回)「業界研究・企業研究・職種研究とは -企業研究セミナー直前対策-」691名 講師:栗田卓也氏(㈱毎日コミュニケーションズ) 1/13(第8回)「エントリーシート対策-概要と注意すべきポイント-」528名 講師:深井 幹雄氏〔エン・ジャパン(株)〕 1/20(第9回)「面接対策1/2〔ノウハウ〕-基本的知識と重要なポイント-」442名 講師:相田一成氏〔㈱リクルート〕 1/27(第10回)「面接対策2/2〔模擬面談〕-会得したノウハウをいかに実践するか-」 面接担当者:(㈱リクルート所属のキャリアカウンセラー 4名)参加学生:197名(内,面談体験者:37名)(予約制) 2/17(第11回)「進路の迷いと多様なキャリア」 講師:俵 穰氏(住金精圧品工業㈱)、高田祐一氏(三菱電機㈱) 〔就職情報ミニ講座〕(予約制) 11/25(第1回)「就職活動を始める前に」68名、12/8・11(第2回)「提出書類の書き方」223名、2/3(第3回)「面接対策」62名 講師:就職相談員 井戸智子

3.就職・キャリア形成に関する印刷物
10月「名古屋工業大学VOICE 企業・業界別本学出身者の声」(3千冊)、「就職サポートノート」(2千冊)及び「平成20年度卒業・修了者進路状況調査」(2千冊)を発行。学部一部3年、二部4年、大学院博士前期課程1年、後期課程2年の自宅へ送付。12月「企業研究セミナー2009参加企業データ集」(3千冊)、「平成21年度インターンシップ報告書」(1千冊)を発行。

平成23年度のまとめ
本年度のキャリアサポートオフィスの試みはキャリア形成関係、就職活動支援関係のふたつの大きな流れにおいて、学生生活チーム・就職情報室との連携を強化しながら、現代GPの資源を活用しつつ行われた。特にキャリア形成では、従前より行われている企業研究セミナーを大きな軸としつつ、キャリア教育の正課への取り入れを視野に入れたセミナーを行い、また卒業者という優れた資源を有効活用した学生への啓き教育を行い、充実を図ってきた。ジェネラルインターンシップでは多くの企業の賛同を得て、次年度に向けての弾みとなった。今後はさらなる参加学生の拡大を目指すところである。就職活動支援においても、専属の就職相談員を中心とした相談体制が有効に機能し始めており、また学生ポータルサイトを使用した全学スタイルの求人情報検索システムも稼働し、各学科と連携し多様な学生にグローバルなキャリアパス提供を試行している。さらに本年度は、企業から直接WEB経由による求人情報の登録が行えるようカスタマイズを行い、現在は試行的に学生生活チームで登録しているが、今後は、徐々に移行していく予定であり、リアルタイムな情報検索が可能となる。