アドミッションオフィス

アドミッション・オフィスは、AO入試だけでなく、すべての入試について「より良い入試を行う」
ためのオフィスです。オープン・キャンパスや学外の説明会、出張授業など名工大について知ってもらうための広報も広く行なっています。

活動報告

平成25年度 活動報告

今年度は昨年度以上にかなり精力的に広報展開をしました。東海地区内でのポジションの確保はもちろん行いましたが,(1)女子学生へのアプローチ,(2)関西・中国・四国からの志願者の確保 を新たな目的と設定しました。

(1) 女子学生確保のための広報
これまでは,6月のオープンキャンパスの午後に女子学生のためのイベントという形で,年に1回だけ行っていました。今年度で大きく変えたのが,豊田工業大学と連携してイベントを開催することにした点です。豊田工業大学とは,11月のオープンキャンパスの時に4大学合同セミナーという形で連携した広報活動をこの3年間行って来ました。今年度も6月のオープンキャンパスの午後に4大学合同セミナーを開催しました。
 今年度は計3回,合同で「女子学生のためのテクノフェスタ」を開催しました。9月23日が豊田工業大学会場,9月28日が名古屋工業大学会場で,それぞれの大学の特徴を出しつつ,相互に協力する形でのイベントとしました。豊田工業大学は女性教員が共通科目にしか居ないため,豊田工業大学会場では本学の電気電子工学科の宮川先生に講演をお願いしました。名古屋工業大学会場では豊田工業大学の事務局長(元トヨタ自動車人事部長)にトヨタ自動車としての女性の採用や仕事の内容について講演していただきました。2回とも大変に好評でしたので,急遽第3回のオープンキャンパスに,「女子学生のためのテクノフェスタ」第3弾を開催することにしました。ここでは,本学の旧社会工学科卒業生の土木系女性公務員の方と,豊田工業大学の女性社会人大学院生(ジェイテクト在籍中)の2名の女子学生への工学の勧め,それから各学科の生協委員(女子)を交えてのフリートークという形にしました。いずれも大変に好評でしたが,東海4県からの参加者が主体でしたので,それを如何に広げていくかが来年度の課題です。

(2) 関西・中国・四国地区での広報展開
今年度は大阪3回,兵庫1回,岡山1回,広島1回,香川1回の説明会に参加しました。特に,鷹松予備校の合同説明会には初めて参加しました。参加大学で,関西よりも東にある大学は本学と防衛大学校のみでした。当日は,かなりの数の受験生が個別相談に来てくれました。注目を集めることができたせいか,鷹松予備校から50部ほどの願書が欲しいという申し入れがありました。四国に関しては,これまでは広報活動を展開したことがなかった(というよりも,参加要請がなかった)のですが,今年度初めて参加要請がありました。また,実際に参加して確かな手応えを感じました。来年度も四国地区に対して精力的に広報展開をしていくつもりです。